プロコア社の精神

プロコア本部は、モノ作りに特化した技術者の集団化を目指して設立しました。
モノつくりの目的は、「その⇒もの」を使う人に易しく受け入れられるもので
なければならないと考えます。

すでにあるものの改善改良から、"あったら便利"なものまでを含めて、
使う人に喜ばれるものを創り、開発する技術者の集団化です。

使う人という概念には、2通りの使う人のイメージがあります。

"お金は出すが実際には、あまり使わない人"と、
"お金は出さないが、実際にはよく使う人"の2通りです。


商品になるものを創るときには、その両方の気持ちを租借して設計する必要に迫られます。
モノ作りは、その両方に受け入れられることが必要だと考えてます。

プロコア社が目指しているモノ作りは、人に対する配慮がにじみ出るモノ作りです。

プロコア社のモノ作りは、「モノを創れる人つくり」 と 「技術力創り」の二つだとも言えます。

こんな精神に共感して、理想の実現に邁進する技術者仲間を求めています。

前の記事:社員旅行(平成21年度) 次の記事:社長ブログの公開準備中です