社長としての公的な行動や考え方を御案内するべきでしょうが、教科書的な発言だけでは人間性が見えてきません。
社長である前に、人としての自然な私を見ていただければ幸いです。

等身大である私  自然体の私  生臭い私 ・・・ 等々をさらけ出せれば幸いだと思っております。

社員のつぶやき

昨日、人材育成支援センターへ講習会を受けに行って参りました!

受講したセミナーは「中堅社員・ニューリーダーのための自己啓発の進め方」についてです。
内容としての主なポイントは「コミュニケーション力を付ける事」と「問題解決力を伸ばす事」についてでした。
「コミュニケーション力を付ける」為には

・相手の話を聴く力
・自分の話(意見)を相手に伝える力

が必要で、うまく聴けなければ話は続かず、また自分の話もうまく伝えなければ話は終わってしまいます。私が特に重要と感じた部分はその中の「聴く力」でした。

2010年度の社員旅行先が決まりました!

毎年のごとく議題に挙がっていた沖縄です。

会社の基本方針は、海外旅行です。  国内旅行は”自腹で行きなさい”でした。
海外旅行を基本方針にするのは・・・異文化に接すると視野が広がる・・・からなのです。

201/2/10、かながわ人材育成支援センター主催で行われた「エンプロイアビリティ研修」に参加致しました。エンプロイアビリティとは、Employと abilityの造語で、実践的な就業能力と訳されています。

弊社では、社員による積極的なセミナー参加が推奨されており、自己学習費用として月額五千円が認められています。 本受講内容に興味があり受講してきました。

本研修では、自分の強み、仕事の進め方を確認し、企業の中で求められる人材になるために必要な行動や姿勢について、グループ討議の中から実践的に学びました。

日本のトップ3に入っているコンピューター・メーカーが受注開発しているシステム開発で、ソフトウエェアの緊急募集があり、常駐請負いのチームに投入されています。

納期が迫っていますので、私の担当はプログラム開発の力仕事ですが、上流からの設計が流れてこないのです!  上流は、そのコンピューターメーカーの子会社です。  設計が来ないので催促しますが、流れてこないのです。  流れてこないから、タイムカードを押して帰宅します。  月末になって「勤務時間が足りない!と言われた・・・。  足りないと言われた勤務時間は180時間を超えているのに・・・。
仕事も無いのに、時間を潰しているのは無駄だと思いますが・・・。 

平成21年度の社員旅行は、6月に中国の桂林に行く予定で予約されていたのだが、豚インフルエンザの大流行でやむなく中止になった。
今年の海外は危ない!との認識で一致し、その替わりとして社員の家族も含めた横浜ベイサイド観光を実施した。

7月11日(土)、横浜そごう前に9時45分までに集合。
10時には全席指定のワインカラーのバス「ヨコハマBAY SIDE LINE」で出発。

P1050096.JPG-260.JPG CIMG2431.JPG-260.JPG

 横浜は開港150年祭の真っ最中です。 いろいろなイベントが行われていますが、右の写真の巨大クモが評判です。 その他としてはエジプト展と、7月20日(海の日)に開催される帆船が帆広げるイベントも人気がある。 左の写真の中央下にある「初代日本丸」も帆を広げる。

 

P1050102.JPG-260.JPG P1050100.JPG-260.JPG

ランドマークタワーから横浜を360度眺めた。 広い! 大きい! ビルの林立と横浜港のコントラストは何度も上ってみたい絶景です。

 

P1050105.JPG-260.JPG P1050118.JPG-260.JPG

海の見える丘公園のあるフランス山や山手に住んだ外国人居留地のエキゾチックな住宅の写真を掲載してあります!

 

         平成20年度の社員旅行は台湾。
6月5日(木)~8日(日)までの3泊4日の旅でした。

前年度の社員旅行は韓国だったそうで、北朝鮮との国境まで行ってきたそうです。
残念ながらブログにはなっていないとの事ですので、後日、記事を書いてくれるように頼みました。

台北の街は奇麗でした。 私のイメージとは随分違って、近代的なビルが立ち並び、道路にはゴミが落ちていないのがビックリでした。 渋谷でも新宿でもゴミが落ちてますが、夜の酒場街にもゴミが無いのです。 交通手段としては地下鉄、バス、タクシー、バイクなどはひっきりなしに走っているのにもビックリでした。  また行きたい街ですね。

P1010493.JPG-255.JPG CIMG0861.JPG-255.JPG    

初めての飛行機、初めての海外旅行体験でした。 飛行機の窓から見た雲は、一面の銀世界。感動ものでした! 雲の上を転がりまわりたい!・・・そんな感動でした。
台北の新空港は、ハブ空港にふさわしい広さを備えておりました。 羽田は小さい!

    CIMG0806.JPG-255.JPG P1010413.JPG-255.JPG  

忠烈祠を護衛している衛兵の交代式。 陸軍・海軍・空軍の群が1時間づつ交代で護衛を務める。 衛兵を務めるのは、台湾軍の超エリート/エリート中のエリートなんだそうだ。

P1010457.JPG-255.JPG P1010413.JPG-255.JPG  

坂の街=九份の商店街の頂上付近を少し右に下がると、タイムトリップしたような懐かしいような華麗な建物が目に入る。 「非情城市」という映画の舞台になった建物だそうだ。 また、宮崎アニメにも登場する建物だとガイドさんの紹介があった。 
右の写真は、ローカル列車「平渓線」青桐駅ホームでの発射待ちの車内を撮ったもの。
        

P1010475.JPG-255.JPG CIMG0846.JPG-255.JPG 

風光明媚だと言われる港町/喜隆を見渡す高台の公園に鎮座していた達磨さんと観音様。
右の看板は、「牙のお医者さん」です。  そうです。歯医者の看板です。  

プロコアでは、海外旅行研修を年間の恒例行事に位置付けています。

中途採用者であれ、新卒採用者であれ、入社してきた数日後には、
パスポートを持っているか?と聞かれます。
私も入社して1ヶ月もしないうちに、人事担当から「パスポートを持ってますか?」
と質問されました。

こんにちは。入社3年目の林です。
平成19年度に行った社員旅行についてエントリします。
この年の社員旅行は、社員旅行としては初となる海外で、場所は韓国。
ソウル市を中心に、二泊三日の観光でした。

仁川空港

img122.jpg
降り立った先は、仁川空港。
仁川空港は、ソウル郊外に最近出来た空港でとても新しくて気持ち良かったです。
ソウルまではバスで一時間ほど。
この道に限らないのですが、道路事情に関してはソウルはかなり進んでいる印象を受けました。 最大で16車線(8×2)の巨大な交通網が整備されてるのです。
ちなみに運転マナーは最悪で、現地のガイドさん曰く 「ソウルで運転できたら世界中どこでも運転できる」とのこと。車線変更、Uターン日常茶飯事。

前の10件 1  2