社員研修/海外旅行

プロコアでは、海外旅行研修を年間の恒例行事に位置付けています。

中途採用者であれ、新卒採用者であれ、入社してきた数日後には、
パスポートを持っているか?と聞かれます。
私も入社して1ヶ月もしないうちに、人事担当から「パスポートを持ってますか?」
と質問されました。

「持ってません」と返事をしたところ、すぐパスポートを取ってくださいと言うのです。

私は、派遣先の職場でソフトの開発を担当してますので、
手続きに行く時間を調整できずにズルズルしていました。

2~3週間ほどしたら、「パスポートの取得手続きに行きましたか?」
と、また質問がありました。 「未だです」と言ったら「早く行って来い!」との指示。 

「仕事が忙しいので、なかなか時間が取れません」と私。
「解った。 お客さんに時間を空けてくれる様に依頼しておくから!」と。 

2~3日して、お客さんのリーダーから、「パスポートの取得手続きに行って来ていいよ!」
と、明るく好意的な指示がでた。

そして、「お前とこの会社は、いいな・・・」と。「俺は一度も海外旅行の経験がないよ・・・」と続いた。
私も前の会社に8年いたけれども、同僚からも海外旅行に行って来たとの話は聞いたことがないし、
会社には「社員旅行の制度」すら無かったので、近場への「ぶらり旅」すら、していなかった。

パスポートの取得手続きは初体験なので、同僚に何気なく聞いてみた。 

「簡単だよ~!」と、ニコニコしながらあっさり言うので、
それ以上聞くのは止めて「手続きの仕方」をインターネットで調べ、ドキドキしながら手続きに向かった。 

思ってたよりも手続きは簡単だった。良い体験をした。
後で判ったことだが、これも「社員研修の一環」だった。

1人でやる。 他人に頼らずに「やる。やってみる。」
を実践させることが目的であった。


数週間後に、パスポートを貰いに行った。
新しいパスポートを手にした。
「海外旅行ができるのだ!」を想像して、心がうきうきしてきた。
ルンルン気分で家まで帰り、ゆっくりとパスポートを開いて、眺めた!

海外旅行体験は次回に報告します。  デジカメから4~5枚の写真をピックアップして報告します!

前の記事:韓国旅行(平成19年度) 次の記事:台湾旅行(平成20年度)